小型でも、クリアで
ダイナミックなサウンドを。
その秘密は、技術を結集した
「筐体の強さ」にありました。

G3

  • ハードウェア技術部
    開発技術グループ

    浅原 宏之

  • ハードウェア技術部
    第2設計グループ 設計1課

    岡野 修治

オンキヨー初のスマートスピーカー「G3」
求めたのは
「大きなスピーカーで
聴くような、豊かな低音」

長年、音楽システムを開発してきたオンキヨーが、スマートスピーカーを開発するにあたって大切にしたのは、小型でも「豊かな低音」を実現すること。その開発に欠かせなかったのは、オンキヨー70年の歴史の中で培った筐体設計や音響技術でした。

VC-GX30
音楽を自由に楽しんだり、スマート家電との連携も可能にするGoogleアシスタントを搭載したスマートスピーカー「G3」。綿密に調整された筐体設計と独自のオーディオ技術を融合させ臨場感あふれるサウンドを実現している。

01

より強固に設計された木製筐体が、
豊かな低音を生み出すきっかけに

スマートスピーカーを開発するに至ったスタート地点について教えてください。

浅原:スマートスピーカーは、リビングなどで気軽にAIを利用できるようコンパクト化が進んでいます。しかし、音楽を聴くという部分では、小型であるがゆえにコンパクトサイズ相当の音質しか実現できていませんでした。そこで私たちは、音楽再生システムを長年作り続けてきたオンキヨーとして“良い音を楽しむシステム”を導入できれば、他にはないスマートスピーカーが作れるのではないかと考え、その発想が開発のスタート地点となりました。

岡野:私たちがスマートスピーカーの開発にあたって目指したのは、「大きなスピーカーで聴くような、豊かな低音を出すこと」。スピーカーの箱が大きければズンと沈むような低音を出すことができますが、小さい箱ではそう簡単にいきません。豊かな低音を実現するためには、さまざまな課題をクリアする必要があったわけですが、その中でも特に“より強固な筐体設計”が求められました。

なぜ“強固な筐体設計”が必要だったのでしょうか?

浅原:スピーカーは空気の振動で大きく揺れますが、箱の剛性が低いと共振してしまいノイズ源となってしまいます。ノイズが発生すると低音が感じにくくなってしまうので、筐体の振動をできるだけ排除する必要がありました。
「G3」を持ち上げればわかると思いますが、とても重量感のあるどっしりとした作りになっています。他の多くのスマートスピーカーは基本的に樹脂製なのに対して、オンキヨーのスマートスピーカーは筐体の剛性を考慮して木製になっています。

岡野:振動を排除したいと考えるのであれば、板を分厚くして組み上げるのも1つの方法です。しかし、筐体の中には、スピーカーユニットやアンプ、ネットワーク系のユニットも入れ込まなければならないのでスペースを確保するためにも単純に分厚くできない状況でした。ですから、木造建築の耐震性と同じように、剛性を高めるために木と木の接合部の形状や接着剤の種類、合わせる面の微妙な角度までも細心の注意を払って調整しています。

浅原:あとは、筐体の形ですね。スマートスピーカーといえば360度に音が広がるということをテーマにしているものが多いですが、G3は音場感を大切にするためにオーセンティックなスクエアな形で表現しています。

02

新しい技術と培ってきた技術が融合した時に、
新しい音が生まれる

スピーカーユニットと筐体の組み合わせにも新しい技術があると聞いています。

浅原:「G3」では、豊かな低音を実現するために、従来のスピーカーユニットの1.5倍の振幅量と力強い駆動力のマグネットを持つ、新設計のカスタムウーファーを採用しています。これを強固なフレームに固定することで、サイズを超える豊かな中低音を実現できます。

岡野:キャビネットの素材としては、アルミや樹脂でも箱を作って実機確認および、累積スペクトル解析を行いました。基本的には剛性が上がれば上がるほど低音は綺麗に出るものなのですが、一番固いアルミよりも木の板の方が良い音が出ることを確認できたので最終的に木の板を採用しました。また、スピーカーは空気を圧縮したり伸ばしたりして音を作り出すものですが、その前後の動きを正面の板で受け止めるとすると、大きな振動によってノイズが発生してしまいます。そこで、スピーカーの前後の振動を正面の板で受け止めるのではなく、より高い剛性を持つ“側面”で受け止める新たな取り付け構造を採用しています。

浅原:新設計のカスタムウーファーによる豊かな低音はもちろんですが、高品質のソフトドーム型ツィーターと組み合わせることで、迫力の低域からクリアな高域までバランスのとれたダイナミックなサウンドを作り出しています。音質については、声の明瞭さや、声が遠くまで届いているかという観点でも検証を行いました。何か作業をしながら音楽を聴く、ソファからダイニングに移動する時に音楽が流れているなどスマートスピーカーならではの状況を想定して、音が素直に届けられているかを検討しながら開発していきました。

岡野:私たちは、長年、オーディオ製品を開発してきたメーカーとして、どういう技術をつぎ込めばよいのか、どうすれば良い音を表現できるかをつねに考えてきました。
筐体設計や音響技術にこだわり抜いたからこそ生み出された「大きなスピーカーで聴くような豊かな低音」。これからスマートスピーカーに触れる方たちに「豊かな低音」を感じていただき、良い音楽を聴くきっかけになってもらえればと思っています。

  • ハードウェア技術部 開発技術グループ

    浅原 宏之

    2001年入社。アンプ、プレーヤー、ポータブルプレーヤー、ヘッドフォンなどの電気設計者としてキャリアを重ね、音質業務に移行。現在は、オンキヨーブランドの音質責任者。

  • ハードウェア技術部 第2設計グループ 設計1課

    岡野 修治

    1999年入社。アンプ、スピーカー、プレーヤー、チューナーなどの筐体設計、機構を担当。高級商品からリーズナブルのものまで幅広い商品の筐体設計に携わっている。

  • ハードウェア技術部 開発技術グループ 技術1課

    岸本 篤典

    2008年入社。ミニコンポ、AVレシーバー、パワードスピーカ等オーディオ機器の電気回路設計を幅広く担当している。

Onkyo is thinking about a new relationship with the world via AI.
Expanding the world of people’s relationship with sound.
The future is more fun.