フラッグシップ・ピュアテクノロジーをすべての製品に
最良のものを末永く愛用していただきたい―。少しでも良質な音をお届けしたいから設計段階から厳しい条件を課してひとつひとつの製造工程に挑みます。品質への深いこだわりがなければ、生まれたプロダクトから大きな感動が伝わることはありません。オンキヨー製品は設計段階において、実際の音楽再生を入力してヒアリングを繰り返しながら回路設計、実装技術を練り上げています。実際に映画や音楽を楽しむ過酷な状況下で設計することで、超低域から高域まで音の表情を緻密に描く真のワイドレンジ化が実現します。映画館で体感した身震いするような臨場感、演奏会場で感じた演奏者と一体となったかのような歓びは、こうして目の前にあざやかに広がります。
実再生時でのワイドレンジ化を重視
近年ではカタログスペック改善重視の設計は、むしろ悪影響を与えてしまうことが分かってきています。スペック改善のために用いられるNFB回路(歪率や周波数特性を改善する回路技術)が、実再生時ではスピーカーの逆起電力を入力側に到達させて音質を劣化させてしまうからです。オンキヨーは設計段階において、このNFB回路を使用しないオープンループでの周波数帯域の拡大を目指しヒアリングを繰り返しながら回路設計、実装技術を練り上げています。このことが結果、実再生において、超低域から高域まで音の表情を緻密に描きながらワイドレンジ化を実現しています。
音楽を限りなくピュアに。振動対策を徹底
オーディオ内部で使用されるコンデンサなどの電子部品は感度の低いマイクの役割にもなり、再生時のスピーカーの音圧などによる振動を拾って電気的ノイズを発生させます。このノイズが音楽の質感、ヴォーカルや演奏のニュアンスを表現する微小な情報をマスキングして音楽のピュアネスを損なってしまいます。オンキヨーエレクトロニクス製品では、フラッグシップモデルで剛性を高めるシャーシ構造のノウハウや理想的なインシュレーター形状など常に検証と進化を続け、そこで培われた技術をすべての製品に継承しています。
DIDRC (Dynamic Intermodulation Distortion Reduction Circuitry)
可聴帯域を越える高い周波数の音は私たちの耳には聴こえません。しかし聴こえる場合もあるのです。それは複数の高周波波形による相互間のビートが、ある条件下で可聴帯域内信号として変換されるからなのです。このビートとは、複数の周波数の波形が合成されると、その差の周波数成分が発生する現象のことです。
例えばデジタル音声信号などの高周波波形自体は聴こえませんが、それらの周波数が近接して存在すると、ビート現象によって可聴帯域内に余分なノイズを生成してしまうということです。これが混変調歪というもので、特に音声信号と相関を持ったノイズの発生は有害です。楽器等では複数の音色が混ざり合い、ハーモニーとなって美しい響きを作り出してくれます。しかしオーディオ装置では勝手にビートを作り出さないように配慮する必要があります。
スペックで書かれているSN比の値は、信号の無いときの残留ノイズレベルを表します。前述のビートによるノイズは、残留ノイズのレベル以下なので、測定器では計ることはできません。しかし、残留ノイズより遥かに低いレベルで含まれる楽器の倍音が識別できるのと同様に、ビートによるノイズはたとえそれが低いレベルであっても、人の耳には音色の変化として感じてしまう可能性は否定できません。
従来これらのノイズの悪影響は高調波歪率(THD)や可聴帯域内混変調(IM)を少なくすれば良いと考えられてきました。しかしながら、これらの測定項目はアナログオーディオ時代に制定されたもので、ディジタルオーディオで発生する高周波での問題は想定していませんでした。 オンキヨーはこれら測定値には表れない動的ノイズの発生メカニズムを究明し、高周波帯域まで増幅性能に優れ、上下の対称性が良く、低歪率を達成した新回路DIDRC(Dynamic Intermodulation Distortion Reduction Circuitry)を、モジュール化することでP-3000R、M-5000R、C-7000Rの各増幅器に搭載しました。
VL Digitalアンプ
アナログアンプでは電力効率は最大で70%程度ですが、デジタルアンプでは約90%という高効率化が可能です。このためデジタルアンプは従来のアナログアンプに比べ小型化ができますが、デジタル機器特有のパルス性ノイズが変調エラーを起こし音質的にアナログアンプを超えることは難しいとされていました。「VL Digital」はパルス性ノイズを徹底して除去することに成功し、音質的に優れたデジタルアンプを実現したオンキヨー独自の回路テクノロジー。フラッグシップモデルを中心にこの最先端技術を搭載しています。
画期的にピュアなアナログ変換を実現した「VLSC」
D/Aコンバーターはデジタル音源を最終的にアナログ信号に変換してスピーカーへ送り込む役割を受け持ち、この回路の変換精度によって音のピュアネスが大きく変わってきます。従来はデジタル機器内で発生するパルス性ノイズはローパスフィルターによって減衰させる方式が一般的ですが、高次のフィルターを用いてもなお残留するノイズにより音質が劣化することは避けられませんでした。VLSC(Vector Linear Shaping Circuitry)は、この問題を根本から解決する、これまでにない画期的な特許技術のフィルター回路です。波形の変動傾向の情報を基に新たなピュアなアナログ信号を生成させることで、D/Aコンバーターの出力に含まれるパルス性ノイズが飛躍的に低減された音声信号を得ることができます。

SITEMAP