Cabasse HOMEHistory

History

Cabasseブランドは1740年、フランスのミルクール地方でバイオリンやチェロなどの弦楽器メーカーとして、その歴史をスタートさせました。以来5代にわたってその伝統は受け継がれ、多くの名器を生み出してきました。当時製造された楽器の多くは、今でもなお著名なオーケストラで愛用されています。

そして、まだHi-Fiという言葉さえも存在しなかった1950年、Georges Cabasse氏によって現在のCabasse社は設立されました。設立以来、一貫して高品位なスピーカーを生み出し続けているCabasseブランドは、フランス国内のみならず40以上の国々で高い評価を得てきました。その後、業務用としてもフランス国内の映画館やレコーディングスタジオ、ラジオ局等の施設にCabasse社の製品は導入され、一般家庭用以外の分野でも知られる存在となっています。
常に革新的で新しいものを生み出そうというスピリット、そしてそれを具現化する技術力をもってCabasseブランドは成長を遂げてきました。演奏者や音楽制作者の意図するサウンドを忠実に再現し、空気感をも体現するリアルな音場は、音楽や映画の楽しみをさらに大きなものにしてくれるでしょう。

理想的な環境で生み出される製品

Cabasseの製品は、大西洋に面した豊かな自然と独自の文化を持つことで知られる、フランス北西部のブルターニュ地方にある研究所にて開発されています。先進技術の研究や新素材のチェック、リスニングテストや品質試験等、理想の製品を生み出すためのあらゆる検証がこの研究所内で実施され、安心してお使いいただける製品の開発へとつながっています。

コンサートで聴いたあの音 ― それがCabasseの追い求める理想的なサウンドです。演奏家によって生み出される音に色付けすることなく、純粋な音のエッセンスをすべての人に届けたいという確固たる想いは、創業以来変わることはありません。理想的なサウンドのために、生演奏の音とスピーカーから再生される音を徹底して比較試聴し、理想的な音色と空間のバランスを追求してきた結果が、Cabasseのサウンドに集約されています。