D-77NE TECHNOLOGY
「ノンプレスコーン」を始めとする高性能スピーカーユニット群
ウーファーユニットの振動板には、オンキヨー独自の「ノンプレスコーン」を採用。プレスを行わないことで適度な厚みが得られ「軽量」「高剛性」かつ「内部ロスの大きい」という振動板に必要な3要素を高次元でバランスさせることができました。表面に分割振動を抑えるコルゲーションを配したノンプレスコーンは、直径140ミリの大型フェライトマグネットを用いた強力な磁気回路と、50ミリの大口径ボイスコイルによりドライブされ、正確なピストンモーションを実現しています。また、高剛性無共振を誇るアルミダイキャスト製フレームは、大振幅時にも確実に反作用を受け止め、付帯音の発生を抑えます。スコーカーユニットには、表現力の豊かな12cmシルクOMFコーン型を採用。3.8リットルの独立したバックチャンバーを設けることによって、過渡特性にも優れ歯切れ良い音色で、音楽の中心となるファンダメンタル帯域を表情豊かに再生します。ツィーターユニットには、2cmアルミドームと4cmコーンを組み合わせたコンビネーションドーム型を採用。ドームの繊細さとコーンの力強さを兼ね備え、リアルな音場空間を描きだします。
ユニットごとに独立した高品位ネットワーク
ネットワーク部はウーファー/スコーカー/ツィーター用の各回路を独立基板とし、コイル同士の磁束結合を極力回避できるようレイアウトにも工夫を凝らしました。スロープ特性は、クロスオーバー付近の位相の乱れが少ない12dB/octのフィルター回路を選択。ツィーター回路に直列に挿入されるコンデンサーは、ドイツWIMA社製フィルムコンデンサーを採用し、カラーレーションの無いきわめて自然な音色を得ています。スピーカーターミナルは、確実な接続ができる金メッキ真鍮削り出しタイプを採用。太いケーブルの接続に便利なバナナプラグにも対応します。
開放感を存分に味わえる大容量60リットルクラスのキャビネット
ユニットをしっかり支えるキャビネットは、42ミリ厚のバッフルをはじめオールMDF製としました。鳴りっぷりの良さを損なうことが無いよう過度な補強は避け、吸音材も材質や位置を吟味することで、必要最小限の使用にとどめました。また、キャビネットの振動を巧みにコントロールする「力木」を適所に配置して、美しい響きの要素である倍音成分も大切にしています。

SITEMAP